宮崎は神話の街で、
神様から守られている街だと思っています。

  そんな宮崎県のは一年中温暖な気候と、霧島おろしの冷たい西風にさらされ、

  南国特有の強い日差しで大根の中の栄養素はプラスされ、栄養満点の千切り大根に生まれ変わります。

  だから、宮崎のソウルフードな食品として親しまれている千切り大根が、食卓から消えつつある現状を、

  少しでも取り戻せればと思い3年の年月をかけ、揚げ千切り大根「だいこんだー」を作り上げました。

  畑の仲間米を使い 米粉をまぶし米油を使い揚げちゃいました。

  神から守られて、豊富な農産物の恵みを頂いている宮崎だからこそ、宮崎県から発信していきます。

  是非一度、食べてみてください。

illust_green.png
作業風景_26.jpg
揚げ千切り大根カリカリスナック
宮崎平野のだいこんだー